結婚できないという不安で苦しんでませんか?

離婚歴がある男性も、一度も結婚したことがない男性も、自分は結婚できない男ではないかという不安を抱えている人が数多くいます。もっとも多い理由として、経済面に不安を抱えていることが挙げられますが、あるインターネットの調査によると、「結婚したいができないかも」という後ろ向きの回答が7割超を占めたそうです。また、単に結婚できないと思っているだけではなく、彼女ができないと自分で思い込んでいる男性が多く、自分が結婚できないのは、「女性に好かれないから」と思っている人が5割近くを占めています。そういった男性は、一度も結婚したことがない人が多いのですが、自分から行動を起こして女性にアプローチするのが怖いという、いわゆる草食系男子の特徴であると言えるのかもしれません。離婚歴のある人は、一度結婚に失敗していて、また家庭を作る気になれないから、結婚できないと思っている人が多いようです。そういった人は、離婚していても、養育費などを支払っていて、新しい家庭を作るには資金不足だと考えている人も多いのです。また、経済面で、今、自分が働いている会社や自分の将来に対して不安を抱えている人も、結婚に対して躊躇する場合が多いようです。それ以外でも、結婚すると自由が奪われるため、夢や目標があり、結婚をすると障害になったり叶えることができないと思っている人も多いようです。


結婚相手に求めるものに条件は欠かせませんが、別に言い方をすれば、結婚できない人にも 条件があると言えるでしょう。まず、現状に満足している人は結婚できません。仕事が充実していて、収入に困らなかったり、充実した毎日を送っていたりしたら、結婚できない可能性が高くなります。そういった人は、パートナーがいない友達同士で、「あなたはきれいだから大丈夫。いつでも結婚できるよ。」などと褒めあうなど、結婚にそれほど焦っていない同年代の人がまわりに多く、結婚しなくていいのかもという気持ちになってしまいます。次に、何歳までに結婚するという締め切りがない人は、結婚にどんどん縁遠くなるでしょう。20代まで、とか30代前半までに結婚すると決めなければなりません。受け身、シャイ、消極的な性格、自信がない人も結婚できません。初対面は緊張するかもしれませんが、男も女も異性から話しかけられればそれなりに嬉しいものなのですから積極的になりましょう。特に、不潔、気持ちが悪い、生理的に受け付けないといわれるのはもっとも辛いものですが、どんなに容姿に自信がなくても身だしなみまで疎かにしてしまっては結婚できる可能性は著しく減少してしまいます。最後に、自慢話が多い人は異性に敬遠されてしまいます。過度のアピールはどこか引かれてしまう原因になるので、謙虚に一歩下がって会話をしましょう。


親御さんが原因で、結婚できない人も、なかにはいるのですが、それについてはあまり知られていないようです。かつては、親が子供の結婚について主導権を握っていた時代があり、お見合いおばさんと呼ばれるような、仲人になりたがる年配の女性も数多くいたのですが、最近では、昔のようにお見合いで無理矢理ひっつけたりしなくなったため、自力で恋愛結婚をするしか方法がなくなってしまいました。そこで、婚活とよばれるような、結婚相手を積極的に自分で探す人が増えてきたのですが、嫁がせるなら自分の面倒を見てほしいという親も増えているため、親が結婚の足かせになっている場合も少なくありません。また、かつてはパラサイトとよばれていたような、社会人になっても親と同居をして家事をしてもらう人が多いのですが、最近では、親に依存をしている人だけではなく、親の経済的な面倒を見るために「親と同居」を条件にしている人もいるようです。親に依存してしまっているために結婚できない人の特徴としては、常に母親と行動をともにしたり、やたら父親と仲がよすぎる人や、いい年して父親大好きな女性が挙げられます。結婚したいのであれば、まずは精神的にも経済的にも自立することが必要のようです。